執筆者紹介2022年7月

これまで舩井メールクラブでご執筆いただいた方々を紹介します。

2022年7月の執筆者

Naomi(なおみ)さん佐野浩一

2022年7月7日配信 第549号
(動画)7、8月の新企画!「“ご縁”のスペシャリストNaomiさんが伝えたい、“ご縁”で叶う、本当に幸せな未来」第1回:愛が深い人は、闇も深い。

●発信者●
ご縁マップコンサルタント
Naomi(なおみ)さん
(※ナビゲーター:佐野浩一)



●プロフィール●
ご縁マップコンサルタント
兵庫県出身。現状の潜在意識の人間関係を具体的に視覚化できる「ご縁マップ」考案者。
学生時代は教育専攻。小学校と幼稚園の免状を取得するが、スーパーの食レジのアルバイト経験から、「買い物カゴの中から、世界情勢が見える!」と、カゴの中から社会の流れや人の心理などを読み取ることに目覚め、就職先に大手小売業を選ぶ。
分析力に磨きをかけ、入社1年目に前年比売上140%で同期100人中トップのA評価をもらう。
その後、海外メンズブランドアパレル会社の販売職、外資系人材派遣会社の営業職、大手英会話スクールの営業職を経て、トップアスリートのメンタルトレーニングや代替医療の現場で使用される東洋医学の発想に基づいた瞑想用の香りを販売する直営店にオープニングスタッフとして携わり店長を務める。オーラ&チャクラ測定器・脳波測定器などを活用し、香りの効果を視覚化しながら、経営者・起業家・ビジネスマン・スポーツ選手・医者・学生・心の病を抱える方などのべ1000人以上のカウンセリングを行う。
現在は、五感刺激による潜在意識活用方法や色霊(いろだま)・言霊(ことだま)によるヒーリング、「色霊アート」「ご縁マップ」など自己開発メソッドを提唱しながら、個展開催するなど幅広い活動を展開中。著書に『あの人との関係を引き寄せる ご縁マップのつくり方』(ビジネス社)がある。
講師実績
明石医療センター付属看護専門学校(兵庫)
医療法人社団順孝会・あだち眼科(埼玉)
毎日放送アナウンサー部(大阪)
関西大学商学部(大阪)
松山大学商学部(愛媛)
一般社団法人・日本人材開発研究所(大阪)
舩井塾(東京)
舩井グループ・スピリチュアルサミット(東京)
イオンモール佐久間店(長野)
株式会社オーネスティ(埼玉)
有限会社かんながら(埼玉)
舩井フォーラム2016(横浜)他

植草 一秀(うえくさ かずひで)さん

2022年7月14日配信 第550号
日本を売り尽くす

●執筆者名●
政治経済学者
植草 一秀(うえくさ かずひで)さん


●プロフィール●
政治経済学者
1960年、東京都生まれ。東京大学経済学部卒。大蔵事務官、京都大学助教授、米スタンフォード大学フーバー研究所客員フェロー、早稲田大学大学院教授などを経て、現在、スリーネーションズリサーチ株式会社代表取締役、政策連合(オールジャパン平和と共生)運営委員。事実無根の冤罪事案による人物破壊工作にひるむことなく言論活動を継続。経済金融情勢分析情報誌刊行業務の傍ら「誰もが笑顔で生きてゆける社会」を実現する『ガーベラ革命』を提唱、推進。人気政治ブログ&メルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」を発行。1998年日本経済新聞社アナリストランキング・エコノミスト部門1位。『現代日本経済政策論』(岩波書店、石橋湛山賞受賞)、『日本の独立』(飛鳥新社)、『アベノリスク』(講談社)、『国家はいつも嘘をつく』(祥伝社新書)、『25%の人が政治を私物化する国』(詩想社)、『低金利時代、低迷経済を打破する最強資金運用術』(コスミック出版、2019年)、『出る杭の世直し白書』(共著、ビジネス社、最新刊)など著書多数。

スリーネーションズリサーチ株式会社
http://www.uekusa-tri.co.jp
メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」
http://foomii.com/00050

樋口 英明(ひぐち ひであき)さん

2022年7月21日配信 第551号
ロシアのウクライナ侵攻と我が国の原発問題

●執筆者名●
元福井地方裁判所裁判長
樋口 英明(ひぐち ひであき)さん



●プロフィール●
元福井地方裁判所裁判長
1952年生まれ。三重県出身。司法修習第35期。福岡・静岡・名古屋等の地裁・家裁等の判事補・判事を経て2006年4月より大阪高裁判事、2009年4月より名古屋地家裁半田支部長、2011年4月より福井地裁判事部総括判事を歴任。2017年8月、名古屋家裁部総括判事で定年退官。2014年5月21日、関西電力大飯原発3・4号機の運転差止を命じる判決を下した。さらに2015年4月14日、原発周辺地域の住民ら9人の申立てを認め、関電高浜原発3・4号機の再稼働差止の仮処分決定を出した。
最近著作「原発訴訟と裁判官の責任――3・11以後の司法をめぐって」『世界』(2018年10月、岩波書店)『私が原発を止めた理由』(2021年3月、旬報社)

舩井 勝仁(ふない かつひと)

2022年7月28日配信 第552号
いまお知らせしたいこと

●執筆者名●
舩井 勝仁(ふない かつひと)


●船井勝仁 プロフィール●
1964年大阪府生まれ。1988年(株)船井総合研究所入社。1998年同社常務取締役 同社の金融部門やIT部門の子会社である船井キャピタル(株)、(株)船井情報システムズの代表取締役に就任し、コンサルティングの周辺分野の開拓に努める。
2008年「競争や策略やだましあいのない新しい社会を築く」という父・舩井幸雄の思いに共鳴し、(株)船井本社の社長に就任。「有意の人」の集合意識で「ミロクの世」を創る勉強会「にんげんクラブ」を中心に活動を続けている。
著書に『生き方の原理を変えよう』(2010年 徳間書店)、『未来から考える新しい生き方』(2011年 海竜社)、『舩井幸雄が一番伝えたかった事』(2013年 きれい・ねっと)、『チェンジ・マネー』(はせくらみゆき共著 2014年 きれい・ねっと)、『いのちの革命』(柴田久美子共著 2014年 きれい・ねっと)、『SAKIGAKE 新時代の扉を開く』(佐野浩一共著 2014年 きれい・ねっと)、『聖なる約束』(赤塚高仁共著 2014年 きれい・ねっと)、『失速する世界経済と日本を襲う円安インフレ』(朝倉慶共著 2014年11月 ビジネス社)、『智徳主義【まろUP!】で《日本経済の底上げ》は可能』(竹田和平、小川雅弘共著 2015年 ヒカルランド)、『日月神示的な生き方 大調和の「ミロクの世」を創る』(中矢伸一共著 2016年 きれい・ねっと)、『聖なる約束3 黙示を観る旅』(赤塚高仁共著 2016年 きれい・ねっと)、『お金は5次元の生き物です!』(はせくらみゆき共著 2016年 ヒカルランド)がある。
★舩井幸雄.com http://www.funaiyukio.com/
★にんげんクラブ http://www.ningenclub.jp/

執筆者バックナンバー
2012/012012/022012/032012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/122013/012013/022013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/102013/112013/122014/012014/022014/032014/042014/052014/062014/072014/082014/092014/102014/112014/122015/012015/022015/032015/042015/052015/062015/072015/082015/092015/102015/112015/122016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/092016/102016/112016/122017/012017/022017/032017/042017/052017/062017/072017/082017/092017/102017/112017/122018/012018/022018/032018/042018/052018/062018/072018/082018/092018/102018/112018/122019/012019/022019/032019/042019/052019/062019/072019/082019/092019/102019/112019/122020/012020/022020/032020/042020/052020/062020/072020/082020/092020/102020/112020/122021/012021/022021/032021/042021/052021/062021/072021/082021/092021/102021/112021/122022/012022/022022/032022/042022/052022/062022/072022/082022/092022/10
Copyright(c) 2011 Funaiyukio.com All Rights Reserved.