執筆者紹介2012年5月

これまで舩井メールクラブでご執筆いただいた方々を紹介します。

2012年5月の執筆者

船井幸雄
2012年5月3日配信 第18号
サバタイ派に思う

●執筆者名●
舩井 幸雄(ふない ゆきお)
●プロフィール●
(本サイトの舩井幸雄のプロフィール参照)

石井 健資(いしい たけし)さん
2012年5月10日配信 第19号
編集者である私は、どのようにして、すばらしいネタを持ってる著者と知り合うのか ――その秘密、その過程、そして「へんなおじさん」

●執筆者名●
株式会社ヒカルランド 代表取締役社長
石井 健資(いしい たけし)さん


●プロフィール●
株式会社ヒカルランド 代表取締役社長
上智大学新聞学科を卒業後、徳間書店にて、編集者歴30年。2010年、株式会社ヒカルランドを立ち上げ、出版活動継続中。日本にはトンデモない秘密が埋まってると確信し、それを今の世に露わにするのことを目指す。

中矢 伸一(なかや しんいち)さん
2012年5月17日配信 第20号
地球(テラ)サイエンスの正体は「π(パイ)」である

●執筆者名●
日本弥栄(いやさか)の会 代表
中矢 伸一(なかや しんいち)さん


●プロフィール●
日本弥栄の会 代表
1961年生まれ。3年間に及ぶ米国留学生活を通じ、日本と日本民族の特異性を自覚。帰国後、英会話講師・翻訳・通訳など、英語ベースの業務に従事する一方、神道系の歴史、宗教、思想などについて独自に研究を重ねる。
1991年、それまでの研究をまとめた『日月神示』(徳間書店)を刊行。以後、関連した著作を相次いで世に送り出す。これまでに刊行した著作は共著やリメイク版を含めて50冊以上。
現在、著者執筆の傍ら、主に自著の読者からなるネットワーク「日本弥栄の会」を主宰、月刊誌『たまゆら プレミアム』を発行し日本全国に共感の輪を広げている。
最近の著書に『ミロクの経済学』(2012年3月 徳間書店)や、ベンジャミン・フルフォードさんとの共著闇の終焉と地球元年(ヴォイス)がある。
★日本弥栄の会ホームページ: http://www.nihoniyasaka.com/index.html

石川 和孝(いしかわ かずたか)さん
2012年5月24日配信 第21号
「陰陽道求道家」近未来を観る

●執筆者名●
「陰陽自然塾」主宰
石川 和孝(いしかわ かずたか)さん


●プロフィール●
「陰陽自然塾」主宰
昭和33年生まれ。幼少期から神秘体験を多く経験し、様々な宗教団体を経て神官となる。京都の学生期に陰陽道に出合い、以来現在まで求道研鑽を続け、「陰陽自然塾」を主宰。暦の編纂と自然現象の観測に努め、天災の被災防止に力を注いでいる。
★陰陽自然塾HP: http://www.onmyo-shizenjyuku.net

村松 祐羽 (むらまつ ゆう)さん
2012年5月31日配信 第22号
『タントラ』次元移行への扉 2012年

●執筆者名●
有限会社アクア企画 代表取締役
村松 祐羽 (むらまつ ゆう)さん


●プロフィール●
有限会社アクア企画 代表取締役。
北海道小樽市で生まれ育つ。デバート勤務の後、結婚。三人の子どもを育て、家族五人暮らしを支える主婦生活のなか、1979年ごろから数年間の異次元体験を得て、1984年に『水瓶座の時代』創刊号を出版。のち、『アクエリアス革命』を第4号まで出版する。2000年に夫を病で亡くす。2007年9月、マイケル・E・サラ博士(宇宙政治学、国際政治学教授・ハワイ島在住)他4名とともに「地球変容会議」日本開催の支援活動に従事する。2008年11月、北海道余市町に念願だった「コンドミニアムEMER140」を建設。広い海辺が見渡せる二階には、収容人数50名ほどの多目的ホールを有す。
★ホームページ(コンドミニアムEMER140): http://emer140.jp

執筆者バックナンバー
2012/012012/022012/032012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/122013/012013/022013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/102013/112013/122014/012014/022014/032014/042014/052014/062014/072014/082014/092014/102014/112014/122015/012015/022015/032015/042015/052015/062015/072015/082015/092015/102015/112015/122016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/092016/102016/112016/122017/012017/022017/032017/042017/052017/062017/072017/082017/092017/102017/112017/122018/012018/022018/032018/042018/052018/062018/072018/082018/092018/102018/11
Copyright(c) 2011 Funaiyukio.com All Rights Reserved.