執筆者紹介2019年1月

これまで舩井メールクラブでご執筆いただいた方々を紹介します。

2019年1月の執筆者

舩井 勝仁(ふない かつひと)

2019年1月3日配信 第366号
いまお知らせしたいこと

●執筆者名●
舩井 勝仁(ふない かつひと)


●船井勝仁 プロフィール●
1964年大阪府生まれ。1988年(株)船井総合研究所入社。1998年同社常務取締役 同社の金融部門やIT部門の子会社である船井キャピタル(株)、(株)船井情報システムズの代表取締役に就任し、コンサルティングの周辺分野の開拓に努める。
2008年「競争や策略やだましあいのない新しい社会を築く」という父・舩井幸雄の思いに共鳴し、(株)船井本社の社長に就任。「有意の人」の集合意識で「ミロクの世」を創る勉強会「にんげんクラブ」を中心に活動を続けている。
著書に『生き方の原理を変えよう』(2010年 徳間書店)、『未来から考える新しい生き方』(2011年 海竜社)、『舩井幸雄が一番伝えたかった事』(2013年 きれい・ねっと)、『チェンジ・マネー』(はせくらみゆき共著 2014年 きれい・ねっと)、『いのちの革命』(柴田久美子共著 2014年 きれい・ねっと)、『SAKIGAKE 新時代の扉を開く』(佐野浩一共著 2014年 きれい・ねっと)、『聖なる約束』(赤塚高仁共著 2014年 きれい・ねっと)、『失速する世界経済と日本を襲う円安インフレ』(朝倉慶共著 2014年11月 ビジネス社)、『智徳主義【まろUP!】で《日本経済の底上げ》は可能』(竹田和平、小川雅弘共著 2015年 ヒカルランド)、『日月神示的な生き方 大調和の「ミロクの世」を創る』(中矢伸一共著 2016年 きれい・ねっと)、『聖なる約束3 黙示を観る旅』(赤塚高仁共著 2016年 きれい・ねっと)、『お金は5次元の生き物です!』(はせくらみゆき共著 2016年 ヒカルランド)がある。
★舩井幸雄.com http://www.funaiyukio.com/
★にんげんクラブ http://www.ningenclub.jp/

塚澤 健二(つかざわ けんじ)さん

2019年1月10日配信 第367号
そしてフェイク経済の終わりが仕組まれる

●執筆者名●
理系出身経済アナリスト、(社)日本証券アナリスト協会検定会員
塚澤 健二(つかざわ けんじ)さん


●プロフィール●
1960年生まれ。理系出身経済アナリスト。(社)日本証券アナリスト協会検定会員。北海道大学工学部卒業後、理系出身アナリスト第1号として、日興リサーチセンター、ジャーデンフレミング証券、JPモルガン証券で、23年間にわたりトップクラスのアナリストとして活躍。2007年10月に独立し、世の中にない独自の予測モデル『T2』による的確な予測を提供して人気を集めている。
2000年からの専門店・ITバブルの崩壊を初め、2001年からの金の暴騰、そして2011年のピーク、2008年のリーマン・ショックを1年以上前の2007年2月に予告した他、2012年11月からのアベノミクス上昇相場と1日で1400円以上日経平均が暴落した2013年5月に「世紀の大暴落」、更に、今回の原油大暴落も2014年6月のコラム、2014年10月のセミナーで予告した。
現在、真実を伝える経済・投資をテーマにした塚澤.com< http://tsukazawa.com/ >を主宰。また、個人会員向けにも情報提供する他、故船井幸雄氏のグループ会社でインターネットラーニング『生活防衛の教室』を4年半以上、200回を超えるロングセラー番組を毎週続ける。著書は、近著『未来からの警告!2017年超恐慌時代の幕が開く』(集英社)、『そして偽装経済の崩壊が仕組まれる』(ビジネス社)、『そして大恐慌が仕組まれる』(ビジネス社)、『未来からの警告2 トランプの破壊経済がはじまる』(集英社)などがある。

高島 康司(たかしま やすし)さん

2019年1月17日配信 第368号
ランプ政権の正体と地政学的転換

●執筆者名●
コンサルタント、世界情勢アナリスト
高島 康司(たかしま やすし)さん



●プロフィール●
コンサルタント、世界情勢アナリスト
北海道札幌市生まれ。
子ども時代を日米両国で過ごす。早稲田大学卒業。在学中、アメリカ・シカゴ近郊のノックス大学に公費留学。帰国後、教育産業のコンサルティング、異文化コミュニケーションの企業研修などのかたわら、語学書、ビジネス書などを多数著している。世界情勢や経済に関する情勢分析には定評があり、経営・情報・教育コンサルタントとしても活躍している。

■ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/
■未来を見る!『ヤスの備忘録』連動メルマガ 毎週金曜日配信
http://www.mag2.com/m/P0007731.html
■ツイッター
https://twitter.com/ytaka2013/

ベンジャミン・フルフォードさん

2019年1月24日配信 第369号
そろそろ新時代の構築へと駒を進めるべき時が来ている

●執筆者名●
フリージャーナリスト
ベンジャミン・フルフォードさん



●プロフィール●
1961年、カナダ・オタワ生まれ。外交官の父親の仕事の関係で、8歳までキューバ、メキシコで過ごす。17~19歳まで、カナダや南米アマゾンの大自然を放浪、文明を離れ、自給自足の生活を体験する。19歳で来日。上智大学比較文化学科を経て、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学を卒業。その後、米経済誌『フォーブス』のアジア太平洋支局長などを歴任し、現在はフリージャーナリストとして活躍中。著書は、『アメリカが隠し続けている金融危機の真実』(青春出版社)、『9.11テロ捏造―日本と世界を騙し続ける独裁国家アメリカ』(徳間書店)、『「中国が目論む世界支配」の正体』(扶桑社)などがある。近年、日本に帰化した。
★ベンジャミン・フルフォード 公式HP: http://benjaminfulford.com/
★ベンジャミン・フルフォード 有料日本語ブログ: http://benjaminfulford.jp/

大浦 敬子(おおうら けいこ)さん

2019年1月31日配信 第370号
波動ジャンキーの道を行く~人生謎解きの先にあるものは~

●執筆者名●
おとなの学校グループ 代表
大浦 敬子(おおうら けいこ)さん



●プロフィール●
おとなの学校グループ 代表
・株式会社おとなの学校
・株式会社ケアベース
・社会福祉法人照敬会
【出身】1962年熊本県生まれ
【学歴】久留米大学医学部卒業
熊本大学大学院医学研究科博士課程修了
【経歴】
2000年2月 医療法人社団大浦会・社会福祉法人照敬会理事長に就任
2011年2月 株式会社おとなの学校代表取締役に就任
2017年8月 医療法人社団大浦会理事長を退任
2017年9月 傘下組織をおとなの学校グループと総称しその代表に就任
2015年4月からは高齢者向け教科書「おとなの学校メソッド」を開始。
導入介護施設は全国で360施設以上、月の発行部数は8500部を超えている。
教科書を使った事業を実施することで高齢者や現場スタッフの意欲を引き出すと共に人材不足・差別化など多くの介護事業所が直面している問題の改善に貢献している。
【講演テーマ】「最終学歴はおとなの学校卒~高齢者に未来を!~」
「気分はすっと17歳!~介護をラクにするたったひとつの方法~」
「介護サービスのイノベーション ~介護しないおとなの学校の挑戦」
【著書】
「介護がラクになる『たったひとつ』の方法」(サンマーク出版)
「なせ、『ロ想療法』か認知症に効くのか」(祥伝社新書)
「夢見る者人介護~最期まで意欲的に生きたいあなたのために~」(くもん出版)
【事務局】グループ事務局:熊本市中央区三郎2丁目2-131
代表電話096-385-0500
東京事業部:東京都干代田区九段南2-3-21 みつまんビル5階
代表電話03-6272-3021
【ホームページ】http://www.otona-gakkou.com

執筆者バックナンバー
2012/012012/022012/032012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/122013/012013/022013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/102013/112013/122014/012014/022014/032014/042014/052014/062014/072014/082014/092014/102014/112014/122015/012015/022015/032015/042015/052015/062015/072015/082015/092015/102015/112015/122016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/092016/102016/112016/122017/012017/022017/032017/042017/052017/062017/072017/082017/092017/102017/112017/122018/012018/022018/032018/042018/052018/062018/072018/082018/092018/102018/112018/122019/012019/022019/032019/042019/052019/06
Copyright(c) 2011 Funaiyukio.com All Rights Reserved.