執筆者紹介2016年6月

これまで舩井メールクラブでご執筆いただいた方々を紹介します。

2016年6月の執筆者

舩井 勝仁(ふない かつひと)

2016年6月2日配信 第231号
いまお知らせしたいこと

●執筆者名●
舩井 勝仁(ふない かつひと)


●船井勝仁 プロフィール●
1964年大阪府生まれ。1988年(株)船井総合研究所入社。1998年同社常務取締役 同社の金融部門やIT部門の子会社である船井キャピタル(株)、(株)船井情報システムズの代表取締役に就任し、コンサルティングの周辺分野の開拓に努める。
2008年「競争や策略やだましあいのない新しい社会を築く」という父・舩井幸雄の思いに共鳴し、(株)船井本社の社長に就任。「有意の人」の集合意識で「ミロクの世」を創る勉強会「にんげんクラブ」を中心に活動を続けている。
著書に『生き方の原理を変えよう』(2010年 徳間書店)、『未来から考える新しい生き方』(2011年 海竜社)、『舩井幸雄が一番伝えたかった事』(2013年 きれい・ねっと)、『チェンジ・マネー』(はせくらみゆき共著 2014年 きれい・ねっと)、『いのちの革命』(柴田久美子共著 2014年 きれい・ねっと)、『SAKIGAKE 新時代の扉を開く』(佐野浩一共著 2014年 きれい・ねっと)、『聖なる約束』(赤塚高仁共著 2014年 きれい・ねっと)、『失速する世界経済と日本を襲う円安インフレ』(朝倉慶共著 2014年11月 ビジネス社)、『智徳主義【まろUP!】で《日本経済の底上げ》は可能』(竹田和平、小川雅弘共著 2015年 ヒカルランド)がある。
★舩井幸雄.com http://www.funaiyukio.com/
★にんげんクラブ http://www.ningenclub.jp/

内海 聡(うつみ さとる)さん

2016年6月9日配信 第232号
医学不要論を学んだ後に出てくるもの ~社会の構図はすべて共通している~

●執筆者名●
Tokyo DD Clinic 院長/NPO法人薬害研究センター 理事長
内海 聡(うつみ さとる)さん


●プロフィール●
Tokyo DD Clinic 院長
NPO法人薬害研究センター 理事長
筑波大学医学部卒業後、内科医として東京女子医科大学付属東洋医学研究所、東京警察病院などに勤務。その後、自らクリニックを立ち上げ、精神疾患として処方された薬の減薬、断薬のための治療に努め成果をあげている。平成25年、薬をやめることに特化した日本初、世界でも例の少ないクリニックTokyo DD Clinicを開院。SNS「フェイスブック」でも有名であり、医師として全国一の視聴者数をもち、医学問題だけでなく食や放射能問題や政治などについても発信を行っている。
≪著書≫
『精神科は今日もやりたい放題』『大笑い精神医学』『児童相談所の怖い話』『医学不要論』『医者とおかんの社会毒研究』(すべて三五館)『心の病に薬はいらない』(かんき出版)『医者いらずの食、99%の人が知らないこの世界の秘密』(イースト・プレス)など多数。
●Tokyo DD Clinicホームページ: http://tokyo-dd-clinic.com/
●日本再生プロジェクト集中研修・アマービレサイト: http://amabileizu.com/index.html
●通販サイト「うつみんのセレクトショップ♪」: http://utsumin.com/

Naomi(なおみ)さん

2016年6月16日配信 第233号
「本物の人間関係」について

●執筆者名●
画道師範・ご縁道コンサルタント
Naomi(なおみ)さん


●プロフィール●
画道師範・ご縁道コンサルタント
兵庫県出身。ヒューマン&アートラボ代表。
色・アート・香り・言葉などを活用し、目には見えない潜在意識を分かりやすく具体的に顕在化(視覚化)する専門家。現状の潜在意識の人間関係を具体的に視覚化できる「ご縁MAP」考案者。
学生時代のスーパーのレジのアルバイト経験から、「買い物カゴの中から、人の心模様(心理)も空模様(天気)も世の中の動き(世界情勢も)見える!」と、カゴの中から社会の流れや人の心理などを読み取ることに目覚め、就職先に大手小売業を選び、分析力に磨きをかける。その後、トップアスリートのメンタルトレーニングや代替医療の現場で使用される東洋医学の発想に基づいた瞑想用の香りを販売する直営店にオープニングスタッフとして携わり、オーラ・チャクラ測定器・脳波測定器などを活用し、香りの効果を視覚化しながら、経営者・起業家・ビジネスマン・スポーツ選手・医者・学生・心の病を抱える方などのべ1000人以上のカウンセリングを行う。現在は、色霊アート(いろだまあーと)・言霊・香りなど五感刺激によるヒーリングと潜在意識活用方法、潜在意識の人間関係を具体的に視覚化する「ご縁MAP」など自己開発メソッドを提唱しながら幅広い活動を展開している。
<講師実績>
明石医療センター付属看護専門学校(兵庫)、医療法人社団順孝会・あだち眼科(埼玉)、毎日放送アナウンサー部(大阪)、関西大学商学部(大阪)、松山大学商学部(愛媛)、一般社団法人・日本人材開発研究所(大阪)など

青木 宏之(あおき ひろゆき)さん

2016年6月23日配信 第234号
「真の自己を確立する」 瞑想で学ぶ人生哲学

●執筆者名●
「真の自己を確立する」 瞑想で学ぶ人生哲学
青木 宏之(あおき ひろゆき)さん



●プロフィール●
1936年横浜に生まれる。中央大学法学部卒。日本空手道の江上茂に師事。柔道、空手道、合気柔術をベースに現代人のための心身開発体技『新体道』を創始。さらに「日本の棒術」体系を創案、世界各国に広まる。1990年宗教哲学の研究でカリフォルニア神学大学院より「文学博士号」を授与される。1994年ボランティアグループ「3Hスカラーシップ」を設立。
フィリピンの貧困家庭の子供達へ奨学金の支援開始。1998年米国国際学士院より「世界平和功労大騎士勲章」を授与される。2001年天真書法塾を開塾。2005年NPO天真会を設立。アジアの貧困家庭の子供達の教育支援を行う。フィリピンでは553名がハイスクール卒業。中国雲南省の極貧地区に小学校3校に鉄筋コンクリート校舎3体を寄贈。ネパールのチベット学童をサポート。
2008年剣武天真流を創始。2010年剣武天真流発会、剣武を通して、健康な体と健全な魂、世界の浄化、平和への祈り等、道を追求する指導にあたる。
一般社団法人天真会設立。「NPO天真会」の活動を移行する。
2011年5月以降、「東日本大震災被災地及び被災者」支援ボランティアグループ「チーム天真」を結成。福島、南三陸の仮設住宅にて健康体操、指圧、整体等の定期活動を行う。
また、中国、フィリピン、チェコ、イタリア、フランスを訪れ、「書」や「剣武」を通じ、独自の国際交流を続けている。
《現在》
一般財団法人天真会代表理事
(株)天真会取締役、天真書法塾塾長、剣武天真流宗家、NPO新体道名誉会長、日本人体科学会理事、日本養生学会顧問、他
《主な著書》
『からだは宇宙のメッセージ』(地湧社)
『新・からだ主義宣言』(ビジネス社) 『新体道』(春秋社)
『自然なからだ 自由なこころ』(春秋社)
『運をつかむ瞑想法』(青春出版社)他
《書歴》
上海大学認定中国書法学院師範
中国山東省濟南私立成家書法業校名誉教授
その他、数々の国際書道展に招待作家として活躍

近藤 洋一(こんどう よういち)さん

2016年6月30日配信 第235号
元気の力

●執筆者名●
株式会社トータルヘルスデザイン 社主
近藤 洋一(こんどう よういち)さん



●プロフィール●
株式会社トータルヘルスデザイン 社主
1938年生まれ。1961年京都工芸繊維大学繊維化学科卒業。
1990年、(株)トータルヘルスデザインを設立。「だれもが美しく健やかに、そしていきいきわくわく生きていくことのできる暮らしづくり」を提案し、実現していくことを企業目的として、京都と東京を拠点に、《美と健康》事業を展開している。
「元気な暮らし」(月刊)や、インターネットを通して情報発信活動に取り組んでいる。
ホームページは、 http://www.totalhealthdesign.jp/

執筆者バックナンバー
2012/012012/022012/032012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/122013/012013/022013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/102013/112013/122014/012014/022014/032014/042014/052014/062014/072014/082014/092014/102014/112014/122015/012015/022015/032015/042015/052015/062015/072015/082015/092015/102015/112015/122016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/092016/102016/112016/122017/012017/022017/032017/042017/052017/062017/072017/082017/092017/102017/112017/122018/012018/022018/032018/042018/052018/062018/072018/082018/092018/102018/11
Copyright(c) 2011 Funaiyukio.com All Rights Reserved.