執筆者紹介2019年10月

これまで舩井メールクラブでご執筆いただいた方々を紹介します。

2019年10月の執筆者

舩井 勝仁(ふない かつひと)

2019年10月3日配信 第405号
いまお知らせしたいこと

●執筆者名●
舩井 勝仁(ふない かつひと)


●船井勝仁 プロフィール●
1964年大阪府生まれ。1988年(株)船井総合研究所入社。1998年同社常務取締役 同社の金融部門やIT部門の子会社である船井キャピタル(株)、(株)船井情報システムズの代表取締役に就任し、コンサルティングの周辺分野の開拓に努める。
2008年「競争や策略やだましあいのない新しい社会を築く」という父・舩井幸雄の思いに共鳴し、(株)船井本社の社長に就任。「有意の人」の集合意識で「ミロクの世」を創る勉強会「にんげんクラブ」を中心に活動を続けている。
著書に『生き方の原理を変えよう』(2010年 徳間書店)、『未来から考える新しい生き方』(2011年 海竜社)、『舩井幸雄が一番伝えたかった事』(2013年 きれい・ねっと)、『チェンジ・マネー』(はせくらみゆき共著 2014年 きれい・ねっと)、『いのちの革命』(柴田久美子共著 2014年 きれい・ねっと)、『SAKIGAKE 新時代の扉を開く』(佐野浩一共著 2014年 きれい・ねっと)、『聖なる約束』(赤塚高仁共著 2014年 きれい・ねっと)、『失速する世界経済と日本を襲う円安インフレ』(朝倉慶共著 2014年11月 ビジネス社)、『智徳主義【まろUP!】で《日本経済の底上げ》は可能』(竹田和平、小川雅弘共著 2015年 ヒカルランド)、『日月神示的な生き方 大調和の「ミロクの世」を創る』(中矢伸一共著 2016年 きれい・ねっと)、『聖なる約束3 黙示を観る旅』(赤塚高仁共著 2016年 きれい・ねっと)、『お金は5次元の生き物です!』(はせくらみゆき共著 2016年 ヒカルランド)がある。
★舩井幸雄.com http://www.funaiyukio.com/
★にんげんクラブ http://www.ningenclub.jp/

グレンコ・アンドリーさん

2019年10月10日配信 第406号
ウクライナ人から見る日本の現状

●執筆者名●
国際政治学者、日本ウクライナ文化交流協会 政治担当部長
グレンコ・アンドリーさん


●プロフィール●
国際政治学者
日本ウクライナ文化交流協会 政治担当部長
1987年 ウクライナのキエフ生まれ。
2012年 キエフ国立大学日本語専攻卒業
2013年 京都大学に留学
2016年 アパ日本再興財団主催者 第九回「真の近現代史観」懸賞論文学生部門優秀賞受賞
2019年 京都大学大学院 人間・環境学研究科博士後期課程 指導認定退学

日本を愛し、祖国ウクライナの悲劇を教訓に、日本復活のため、ウクライナ情勢、世界情勢について講演会・執筆活動を行っている。
著書に
『プーチン幻想「ロシアの正体」と日本の危機』PHP新書、2019年
『ウクライナ人だから気づいた日本の危機~ロシアと共産主義が企む侵略のシナリオ~』育鵬社、2019年

Naomi(なおみ)さん

2019年10月17日配信 第407号
愛の道

●執筆者名●
ご縁マップコンサルタント
Naomi(なおみ)さん



●プロフィール●
ご縁マップコンサルタント。
兵庫県出身。現状の潜在意識の人間関係を具体的に視覚化できる「ご縁マップ」考案者。
学生時代は教育専攻。小学校と幼稚園の免状を取得するが、スーパーの食レジのアルバイト経験から、「買い物カゴの中から、世界情勢が見える!」と、カゴの中から社会の流れや人の心理などを読み取ることに目覚め、就職先に大手小売業を選ぶ。
分析力に磨きをかけ、入社1年目に前年比売上140%で同期100人中トップのA評価をもらう。
その後、海外メンズブランドアパレル会社の販売職、外資系人材派遣会社の営業職、大手英会話スクールの営業職を経て、トップアスリートのメンタルトレーニングや代替医療の現場で使用される東洋医学の発想に基づいた瞑想用の香りを販売する直営店にオープニングスタッフとして携わり店長を務める。オーラ&チャクラ測定器・脳波測定器などを活用し、香りの効果を視覚化しながら、経営者・起業家・ビジネスマン・スポーツ選手・医者・学生・心の病を抱える方などのべ1000人以上のカウンセリングを行う。
現在は、五感刺激による潜在意識活用方法や色霊(いろだま)・言霊(ことだま)によるヒーリング、「色霊アート」「ご縁マップ」など自己開発メソッドを提唱しながら、個展開催するなど幅広い活動を展開中。

講師実績
明石医療センター付属看護専門学校(兵庫)
医療法人社団順孝会・あだち眼科(埼玉)
毎日放送アナウンサー部(大阪)
関西大学商学部(大阪)
松山大学商学部(愛媛)
一般社団法人・日本人材開発研究所(大阪)
舩井塾(東京)
舩井グループ・スピリチュアルサミット(東京)
イオンモール佐久間店(長野)
株式会社オーネスティ(埼玉)
有限会社かんながら(埼玉)
舩井フォーラム2016(横浜)他

塚澤 健二(つかざわ けんじ)さん

2019年10月24日配信 第408号
いま持っている株は手放しなさい!

●執筆者名●
理系出身経済アナリスト、(社)日本証券アナリスト協会検定会員
塚澤 健二(つかざわ けんじ)さん



●プロフィール●
1960年生まれ。理系出身経済アナリスト。(社)日本証券アナリスト協会検定会員。北海道大学工学部卒業後、理系出身アナリスト第1号として、日興リサーチセンター、ジャーデンフレミング証券、JPモルガン証券で、23年間にわたりトップクラスのアナリストとして活躍。2007年10月に独立し、世の中にない独自の予測モデル『T2』による的確な予測を提供して人気を集めている。

2000年からの専門店・ITバブルの崩壊を初め、2001年からの金の暴騰、そして2011年のピーク、2008年のリーマン・ショックを1年以上前の2007年2月に予告した他、2012年11月からのアベノミクス上昇相場と1日で1400円以上日経平均が暴落した2013年5月に「世紀の大暴落」、更に、今回の原油大暴落も2014年6月のコラム、2014年10月のセミナーで予告した。

現在、真実を伝える経済・投資をテーマにした塚澤.com< http://tsukazawa.com/ >を主宰。また、個人会員向けにも情報提供する他、故船井幸雄氏のグループ会社でインターネットラーニング『生活防衛の教室』を4年半以上、200回を超えるロングセラー番組を毎週続ける。著書は、近著『未来からの警告!2017年超恐慌時代の幕が開く』(集英社)、『そして偽装経済の崩壊が仕組まれる』(ビジネス社)、『そして大恐慌が仕組まれる』(ビジネス社)、『未来からの警告2 トランプの破壊経済がはじまる』(集英社)などがある。

鬼丸 昌也(おにまる まさや)さん

2019年10月31日配信 第409号
本質的に、人間性は、どんな紛争でも、人間から奪い去ることができない

●執筆者名●
認定NPO法人テラ・ルネッサンス創設者/理事
鬼丸 昌也(おにまる まさや)さん



●プロフィール●
認定NPO法人テラ・ルネッサンス創設者/理事
1979年、福岡県生まれ。立命館大学法学部卒。2001年、初めてカンボジアを訪れ、地雷被害の現状を知り、「すべての活動はまず『伝える』ことから」と講演活動を始める。同年10月、大学在学中に「全ての生命が安心して生活できる社会の実現」をめざすテラ・ルネッサンスを設立。カンボジアでの地雷除去支援、ウガンダやコンゴでの元・子ども兵の社会復帰支援事業などに取り組む。地雷、子ども兵や平和問題を伝える講演活動は年120回以上。国内外を問わず精力的な活動を行っている。主な著書に『ぼくは13歳 職業、兵士。』(合同出版)、『こうして僕は世界を変えるために一歩を踏み出した』(こう書房)などがある。
★認定NPO法人 テラ・ルネッサンスHP: http://www.terra-r.jp

執筆者バックナンバー
2012/012012/022012/032012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/122013/012013/022013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/102013/112013/122014/012014/022014/032014/042014/052014/062014/072014/082014/092014/102014/112014/122015/012015/022015/032015/042015/052015/062015/072015/082015/092015/102015/112015/122016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/092016/102016/112016/122017/012017/022017/032017/042017/052017/062017/072017/082017/092017/102017/112017/122018/012018/022018/032018/042018/052018/062018/072018/082018/092018/102018/112018/122019/012019/022019/032019/042019/052019/062019/072019/082019/092019/102019/112019/122020/012020/022020/032020/042020/05
Copyright(c) 2011 Funaiyukio.com All Rights Reserved.