執筆者紹介2020年10月

これまで舩井メールクラブでご執筆いただいた方々を紹介します。

2020年10月の執筆者

高島康司さん佐野社長

2020年10月1日配信 第457号
動画「高島康司先生が、コロナの行方とアメリカ大統領選を語る!」
~第4回:パンデミックの第二波はあるのか? 日本はどうなるのか?~

●発信者●
コンサルタント、世界情勢アナリスト
高島 康司(たかしま やすし)さん
(※ナビゲーター:佐野浩一)



●プロフィール●
コンサルタント、世界情勢アナリスト
北海道札幌市生まれ。
子ども時代を日米両国で過ごす。早稲田大学卒業。在学中、アメリカ・シカゴ近郊のノックス大学に公費留学。帰国後、教育産業のコンサルティング、異文化コミュニケーションの企業研修などのかたわら、語学書、ビジネス書などを多数著している。世界情勢や経済に関する情勢分析には定評があり、経営・情報・教育コンサルタントとしても活躍している。
■ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ
 http://ytaka2011.blog105.fc2.com/
■未来を見る!『ヤスの備忘録』連動メルマガ 毎週金曜日配信
 http://www.mag2.com/m/P0007731.html
■ツイッター
 https://twitter.com/ytaka2013/

富士川 碧砂(ふじかわ みさ)さん

2020年10月8日配信 第458号
スピリチュアル能力の高め方

●執筆者名●
声優、占い師
富士川 碧砂(ふじかわ みさ)さん


●プロフィール●
現役声優として35年のキャリアを持つ。1997年、臨死体験を機に、霊能者である祖母の血を継ぎ、霊視・透視の能力を得る。その後、西洋占星術、タロット、易、風水など、さまざまな占いの研鑽を積む。その的中率が話題となり、BS朝日「オシタマタロット」でデビュー。フジテレビ「とくダネ」占いコーナー「ウンダメシ・クジのあなた」レギュラー出演。フジテレビ「突然ですが占ってもいいですか?」にて「2つの顔を持つ占い師」として出演、反響を呼ぶ。
モバイル占い「魂の憑代」は累計利用者数50万人を超え、LINE占い、スマホアプリなどに展開。現在、台湾、韓国などのアジアでも人気コンテンツとなる。
現在、予約は2年待ち。
また、和の世界に造詣が深く、開運和柄商品の実業でも実績を上げている。
主な著書に『開運和柄ぬり絵』(サンマーク出版)
『運を操る魔法』(扶桑社)『うらないパーフェクトBOOK』(小学館)など。
また、声優・寺瀬今日子としては、フジテレビ「とくダネ!」ナレーションの他、ゲーム『メタルギアソリッド』メリル・シルバーバーグ役、『進撃の巨人』モーゼス・ブラウンの母役など出演作多数。
・オフィシャルサイト
https://fujikawamisa.net
・YouTubeチャンネル「富士川碧砂の開運大学」
・オフィシャルブログ

https://ameblo.jp/fujikawamisa/
・Twitter
https://twitter.com/misafujikawa
・インスタ
https://www.instagram.com/fujikawamisa/

ベンジャミン・フルフォードさん

2020年10月15日配信 第459号
未開拓領域への突入、いま世界人類が経験している未曽有の事態とは

●執筆者名●
フリージャーナリスト
ベンジャミン・フルフォードさん



●プロフィール●
1961年、カナダ・オタワ生まれ。外交官の父親の仕事の関係で、8歳までキューバ、メキシコで過ごす。17~19歳まで、カナダや南米アマゾンの大自然を放浪、文明を離れ、自給自足の生活を体験する。19歳で来日。上智大学比較文化学科を経て、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学を卒業。その後、米経済誌『フォーブス』のアジア太平洋支局長などを歴任し、現在はフリージャーナリストとして活躍中。著書は、『アメリカが隠し続けている金融危機の真実』(青春出版社)、『9.11テロ捏造―日本と世界を騙し続ける独裁国家アメリカ』(徳間書店)、『「中国が目論む世界支配」の正体』(扶桑社)などがある。近年、日本に帰化した。
★ベンジャミン・フルフォード 公式HP: http://benjaminfulford.com/
★ベンジャミン・フルフォード 有料日本語ブログ: http://benjaminfulford.jp/

副島 隆彦(そえじま たかひこ)さん

2020年10月22日配信 第460号
米大統領選挙は、トランプが勝利し、再選されるだろう

●執筆者名●
評論家/副島国家戦略研究所(SNSI)主宰
副島 隆彦(そえじま たかひこ)さん



プロフィール●
1953年5月1日、福岡市生まれ。本籍・佐賀市。早稲田大学法学部卒業。銀行員、代々木ゼミナール講師、常葉学園大学教授を歴任。
政治思想、法制度論、経済分析、社会時事評論などの分野で、評論家として活動。
日米の政財界、シンクタンクなどに独自の情報源をもち、日本人初の「民間人・国家戦略家」として、日本は国家として独自の国家戦略を持つべきだ、と主張している。副島国家戦略研究所(SNSI)主宰。
著書は『属国・日本論』(五月書房)『世界権力者人物図鑑――世界と日本を動かす本当の支配者たち』(日本文芸社)『靖国問題と中国包囲網』(ビジネス社)、など多数。
★副島隆彦の学問道場: http://www.snsi.jp/

舩井 勝仁(ふない かつひと)

2020年10月29日配信 第461号
いまお知らせしたいこと

●執筆者名●
舩井 勝仁(ふない かつひと)


●船井勝仁 プロフィール●
1964年大阪府生まれ。1988年(株)船井総合研究所入社。1998年同社常務取締役 同社の金融部門やIT部門の子会社である船井キャピタル(株)、(株)船井情報システムズの代表取締役に就任し、コンサルティングの周辺分野の開拓に努める。
2008年「競争や策略やだましあいのない新しい社会を築く」という父・舩井幸雄の思いに共鳴し、(株)船井本社の社長に就任。「有意の人」の集合意識で「ミロクの世」を創る勉強会「にんげんクラブ」を中心に活動を続けている。
著書に『生き方の原理を変えよう』(2010年 徳間書店)、『未来から考える新しい生き方』(2011年 海竜社)、『舩井幸雄が一番伝えたかった事』(2013年 きれい・ねっと)、『チェンジ・マネー』(はせくらみゆき共著 2014年 きれい・ねっと)、『いのちの革命』(柴田久美子共著 2014年 きれい・ねっと)、『SAKIGAKE 新時代の扉を開く』(佐野浩一共著 2014年 きれい・ねっと)、『聖なる約束』(赤塚高仁共著 2014年 きれい・ねっと)、『失速する世界経済と日本を襲う円安インフレ』(朝倉慶共著 2014年11月 ビジネス社)、『智徳主義【まろUP!】で《日本経済の底上げ》は可能』(竹田和平、小川雅弘共著 2015年 ヒカルランド)、『日月神示的な生き方 大調和の「ミロクの世」を創る』(中矢伸一共著 2016年 きれい・ねっと)、『聖なる約束3 黙示を観る旅』(赤塚高仁共著 2016年 きれい・ねっと)、『お金は5次元の生き物です!』(はせくらみゆき共著 2016年 ヒカルランド)がある。
★舩井幸雄.com http://www.funaiyukio.com/
★にんげんクラブ http://www.ningenclub.jp/

執筆者バックナンバー
2012/012012/022012/032012/042012/052012/062012/072012/082012/092012/102012/112012/122013/012013/022013/032013/042013/052013/062013/072013/082013/092013/102013/112013/122014/012014/022014/032014/042014/052014/062014/072014/082014/092014/102014/112014/122015/012015/022015/032015/042015/052015/062015/072015/082015/092015/102015/112015/122016/012016/022016/032016/042016/052016/062016/072016/082016/092016/102016/112016/122017/012017/022017/032017/042017/052017/062017/072017/082017/092017/102017/112017/122018/012018/022018/032018/042018/052018/062018/072018/082018/092018/102018/112018/122019/012019/022019/032019/042019/052019/062019/072019/082019/092019/102019/112019/122020/012020/022020/032020/042020/052020/062020/072020/082020/092020/102020/11
Copyright(c) 2011 Funaiyukio.com All Rights Reserved.